人気ブログランキング |
ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

カテゴリ:生物の話( 12 )

b0010426_11181335.jpg

2010年、あけましておめでとうございます。
このブログで魚心の生存を確認していると思われるお友達のみなさま、昨年は2回しか更新せず大変申し訳ございませんでした。この事情は明日にでも詳しくご説明させていただくとして、本日は取り急ぎ「ブログを続ける気はある」ことを表明するために、毎年恒例の「トップページの掛けかえ」を行いました。

今年は招き猫です。

なぜ招き猫か?
by fishmind | 2010-01-01 11:05 | 生物の話
b0010426_11152465.jpg

Otter Creek Stovepipe Porter
Porter
Otter Creek Brewing
Middlebury, Vermont, U.S.A.

犭偏に頼(旧)ると書いて「かわうそ」。
「川獺」と書く場合もある。

この「頼」という字には「川の瀬」という意味があり、「川の瀬にいるケモノ」を示すそうだ。音読みは「たつ(または『だつ』)」で、最初に「かわおそ」または「おそ」という動物名があり、それに外来の字が当てられた。古い日本語によくあるパターンだ。

久しぶりに語源病
by fishmind | 2008-02-22 11:26 | 生物の話
b0010426_2394211.jpg
AT:大国主神社(大阪市浪速区)
&大阪七福神めぐり紹介


今日2月2日は、米国のカレンダーで「Groundhog Day」。

Groundhogというのは北アメリカの平原、プレイリーに広く分布しているネズミ、「プレイリードッグ(平原の犬、という意味)」の別名で、「Groundhog Day」とは、このプレイリードッグが土から顔を出す日。ようするに日本で言うところの「啓蟄(けいちつ)」なのです。

日本の啓蟄はまだしばらく先。
by fishmind | 2008-02-02 23:26 | 生物の話
b0010426_2224865.jpg
「大国主命と鼠
当神社、御祭神のオオクニヌシノミコトが、スセリヒメに結婚を申し込みに行ったところ、ヒメの父神であるスサノオノミコトから、種々のことを試されました。
その中に、野原に射ち込んだ矢を探して来ることがありました。オオクニヌシノミコトが野原に入ると周りから火をかけられミコトは火の中に閉じ込められました。そこへ出てきたネズミの案内で穴の中に逃げ、火をやり過ごすことができました。射ち込まれた矢もネズミが探してきてくれて無事に成功しました。
このことから、ネズミはオオクニヌシのミコトのお使いとなり、ミコトをおまつりした神社には子神社「(ね)の神社」と呼ばれるお宮さんもあります。稲荷神社の狐、日枝神社の猿、天神様の牛などのように神様とご縁のある動物はほかにもあります。
お飾りしてあるネズミは、神社に向かって右側がオス、左側がメスです。
男性はオス、女性はメスにお願いをかけてください。(像の由来を示す立て看板の記載。原文ママ。カタカナの使い方に独特のこだわりを見た。)」


5ヶ月間の更新停止。停止しているうちに年が明けてしまった。

本年もよろしくお願いいたします。
by fishmind | 2008-01-08 22:12 | 生物の話
b0010426_1028231.jpg

Bubo Pinot Grigio White
2004
Bobo Cellars
Manteca, California, U.S.A.

「Buboとはラテン語でフクロウを意味し、これは女神アテネの魔法のフクロウの名前でもあります。」
このワインラベルの歌い出し文句である。

ラベルの続きを読む
by fishmind | 2007-07-01 10:42 | 生物の話
b0010426_9565843.jpg

La Vespa Rosso
2004 Superiore Barbera D'Asti D.O.C.
Michele Chiarlo
Calamandra, Italy

Vespa!

同じ名前のスクーターがよく知られているので、スクーター会社の名前と思っている人がいるみたいなのだが、「ベスパ」はイタリア語で「ミツバチ」のこと。
ラベルの絵はそれを示している。

続きを読む
by fishmind | 2007-03-07 10:10 | 生物の話
b0010426_1315578.jpg

Platypus Run Shiraz Red
2001
Yering Station
Victoria, Australia
このおマヌケなラベルに魅かれて買ってしまった。

ブログ初登場のオーストラリアワイン。
今までなぜ登場しなかったかというと、オーストラリアワインを試飲して「おいしい」と思ったことがなかったから。
よく「最近はオーストラリアワインもおいしくなった」と聞くのだけれど、私にとってのオージーワインは「イエローテイル」。

イエローテイルの悪口を読む
by fishmind | 2007-01-20 01:35 | 生物の話
b0010426_043387.jpg
「幸運を招く猪(ポルチェリーノ) この猪像は イタリアの古都フィレンツェの通称猪市場の入り口に1639年以来飾られて 鼻の頭をなでると幸運を招くといわれ 世界中の多くの人々に愛され親しまれてきたものと同じです 制作は1638年イタリアの名高い彫刻家ピエトロ・タッカによるものです(ピジョン本社前の銅像の説明文)」

去年、一昨年と、年が変わるたびに、ブログのカバーをその年の干支に掛け替えてきた。
干支の動物なら何でもいい、というわけではなく、その動物の形をした神様を象徴する何か、ってことにしちゃったから大変だ。

いや、最初はなりゆきだったんですけどね。
by fishmind | 2007-01-01 00:46 | 生物の話
b0010426_12364972.jpg

TITLE:きつねのよめいり
Written by:YOSHIDA, Akimi
Published by: SHOGAKUKAN
Price:¥600(税別)
ISBN4-09-191009-2



ぼくの寿命は・・・
あんたより長くないみたい・・・
でも
苦しい思い出ってひとつもないんだ
こういうのを
幸福な一生っていうのかなあ・・・

季節が変わって
卵から幼虫が生まれて
また
同じことをくりかえすんだ
たくさん食べて
大きくなって・・・
やがて
成虫に・・・
なって・・・・・

おい・・・
眠っちゃったのか?<収録短編「風の歌うたい」より>




書評を読む
by fishmind | 2006-06-17 12:41 | 生物の話
b0010426_081622.jpg

RavensWood Vintners Blend Red
2002 California Merlot
Ravanswood
Sonoma, California, U.S.

毎朝、カラスの声で目が覚める。
今朝などあまりにうるさくて、5時半に目が覚めてしまった。

もうちょっと寝ていたいと布団をかぶってみたのだが、騒がしさがピークに達した6時過ぎ、うるさすぎてついに寝ていられなくなり、意を決して起きて、外を見た。

すごいことになっていた。
by fishmind | 2006-06-07 00:13 | 生物の話