人気ブログランキング |
ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

ネズミ年

b0010426_2224865.jpg
「大国主命と鼠
当神社、御祭神のオオクニヌシノミコトが、スセリヒメに結婚を申し込みに行ったところ、ヒメの父神であるスサノオノミコトから、種々のことを試されました。
その中に、野原に射ち込んだ矢を探して来ることがありました。オオクニヌシノミコトが野原に入ると周りから火をかけられミコトは火の中に閉じ込められました。そこへ出てきたネズミの案内で穴の中に逃げ、火をやり過ごすことができました。射ち込まれた矢もネズミが探してきてくれて無事に成功しました。
このことから、ネズミはオオクニヌシのミコトのお使いとなり、ミコトをおまつりした神社には子神社「(ね)の神社」と呼ばれるお宮さんもあります。稲荷神社の狐、日枝神社の猿、天神様の牛などのように神様とご縁のある動物はほかにもあります。
お飾りしてあるネズミは、神社に向かって右側がオス、左側がメスです。
男性はオス、女性はメスにお願いをかけてください。(像の由来を示す立て看板の記載。原文ママ。カタカナの使い方に独特のこだわりを見た。)」


5ヶ月間の更新停止。停止しているうちに年が明けてしまった。



過去何回かやらかしていることではあるのだが、今回の停止理由は前(多忙とネタ不足)とは違い、今年三月にオープンさせた「アメリカ研修ブログ」の記事が諸般の事情から更新できなくなり、かといってこちらの趣味ブログの方だけが更新されていると、「仕事もせずに何を遊んでいるのか(研修ブログは一応仕事の報告)」と助成担当者から思われるのでは、と更新を控えていたからだ。

更新停止中も記事のネタは地道に集めており、整理さえすれば更新できる状態にあるのだが、ネタ整理の前に書いてしまわなければならないことがいろいろとあるので、まだしばらくは「月1回の更新ペース」を続けると思う。できるだけ早く「週1」のペースに戻したいと思っているので、私のくだらない記事(今進行中の原稿はどれも大真面目な内容)ファンの皆さまはもうしばらくお待ちください。


さて、このブログファンの中にはすでに「今年のカバーは何?」と新年明けてから何度かサイトをチェックされた方もいるかと思う。松の内はおろか正月明けである7日を過ぎてからの更新になってしまって申し訳ない。

このブログでは、毎年年が明けるたびに、その年の干支の姿をした「神様」の写真をトップページに掛けかえてきた。で、今年は「ネズミ」。

「ネズミの神様の写真が撮れる所ってあるかな?」
「それは浦安でしょう。」

私が忘年会で交わした会話である。とっくに気づいていた。アメリカが世界に輸出している宗教のご本尊をカバーにかければ今年は楽勝だってことは。しかし、このブログのスタンスとして相応しくない、というか、その安易さはダメだろう、と思い、例によってネットで「ネズミの神様」の検索をかけてみたが、これが見つからない。見つかるもののほとんどが海外(それでも少ない)。ネズミって「神様」って感じの動物じゃないもんなあ・・・とがっかりしながらも検索を続けていたら、「大黒天のお遣いはネズミ」という記述を発見。そこで「大黒天」「ネズミ」で検索してみたところ、横浜の「杉山神社」に「福ネズミ」と称する幸運を呼ぶネズミの像があることがわかった。

杉山神社は横浜と川崎にいくつも支社(と言っていいのか?)があるらしいのだが、(星川杉山神社というのもあり、分派筋のようだ。ウェブサイトのドメインにライバル心が見え隠れする。)福ネズミがあるのは西区杉山神社である。駅は「戸部」。横浜駅から京急で一駅、黄金町の手前だ。住んでいる人しか降りる用事のない駅かと思いきや、西区役所の最寄りなので、横浜市西区の住民には身近な駅なんだろう。

いくつかのサイトで紹介されている写真を見て、あまり絵になりそうもない失望感を感じはしたが、まあ行ってみましょうかと出かけたのは24日、クリスマスイブである。人々が「恋人といちゃいちゃする」か「家族とのんびりする」と決まっている日に何を好き好んで戸部まで行くか、と自分でも思ったが、年内はもうこの日しか遠出ができる予定がとれなかったのだから仕方がない。

我が家から戸部までは渋谷経由で45分、大井町線を使っても1時間ほどで着く。駅前は思った以上に何もない。大きな駅のすぐ次で急行が止まらない駅にありがちな光景だ。ファミリー向けの高層マンションが建ち並んでいるが、目と鼻の先が横浜なのに全くゴージャス感がなく、だから多分便利なわりに買いやすい値段なんだと思う。(黄金町の近くだし)こんなコンセプトの町、実はけっこう好きだ。

神社は駅から歩いて5〜6分。思った以上に小さく、そして案の定全く絵にならなかった。ネズミという動物が絵になりにくい上に、このでっぷり体形。ポーズもマヌケ極まりない。さらに、小さい神社なのでどの方向から写真を撮ってもなにかしら無駄なものが映ってしまう。

首にかけてある「ゆっくりまわしてください」という札(回しながら願をかけられるようになっているためだが、真面目にやってる人がいたらかなりマヌケか、かなりせっぱ詰まった人かのどちらかだ)はあまりにもマヌケ度が高まるため写真加工で消去したが、加工後に気づいたことは「この像はその程度の加工でマヌケが減るような生易しいマヌケではない」ということだった。

b0010426_223557.jpg後ろ姿のこのおマヌケぶりを見て欲しい。この背中を活かしておマヌケなブログデザインができないかな、と思ってもみたが、後ろ姿だと何のことやらわからなくなる可能性が高い。
全くどうしたものかと一時は頭を抱えたが、この写真だけでトップを張るのは無謀という結論に達し、モノクロ加工後バックを焼きこんで写真の見栄えを多少良くした後、こういうデザインにしてみた。

やはり、ネズミにタイマン張らせるなら猫である。

このブログはエキサイトのオフィシャルスキンを使っているのだが、幸いこんなにカワイイ猫のスキンが提供されていた。まるで私の苦悩を見越していたかのようである。相方が大黒様の願掛け福ネズミというのもマッチングとして適切だし、何よりも「猫」は干支にいないのだ。こんな時でもなければ、このブログにお目見えする事はないだろう。

写真を撮った時には「一応撮ってはみたものの、さてどうしたものか」と憂鬱だったのだが、とりあえず1年間使えそうなデザインにトップを掛け替える事ができたのはめでたい事である。これが、大黒様のお恵みなのか。

追伸:余談だが、新年早々携帯を機種変更した。ついに携帯からブログ記事をアップできるようになったのだが、このブログ、携帯で見るとレイアウトが崩れてしまう。スキンデザイン(特に画像加工)上の問題らしい。このスキンの唯一の欠点だ。

追伸2:カテゴリの「ブログ紹介」で過去の干支記事が見られます。

さらに追記:大国主命のネズミについて調べるうちに、大阪市大国町の神社にもネズミの像がある事を発見。12月に大阪に行った時にネズミの像を探して見つからなかったのになんてこった!とショックを受けている。どうもこっちのネズミの方がスマートなようなので、今度関西出張がある時に写真を撮って、モアベターなようなら掛け替えたい。今年は何度かカバー写真が変わるかもしれませんので要注目!

記事が気に入ったらここをクリック!
by fishmind | 2008-01-08 22:12 | 生物の話