人気ブログランキング |
ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

行く店、来る店

b0010426_6341483.jpg

Duque de CAMPO Reserva Tinto
1998 Utiel-Requena D.O.
Duque de CAMPO
Valencia, Spain

久しぶりに、オーエム酒店に行ってみた。

先日買ったアルゼンチンワインがおいしかったので、また飲みたいと思ったからだ。
そしたら、あれれーー!?

閉まってる。



休みなのではない。
看板から何からすっかりなくなり、シャッターの向こうは(ガラス張りで見える)がらんどう。
閉店したんだ!

えーっ、私のポイントカードはどうなるのーー??こないだ作ったばかりなのにぃ。。。。
いや別に、オーエムが近所で優れた酒屋だったわけでは決してないですよ。もっと良いワインをもっと安く出しているお店もありました。
しかし、全商品ビール券で買えて、お酒以外にお米とかソフトドリンクとか、カップ麺とか、日常消耗品(酒が日常消耗品かいっ!)をまとめ買いするのに便利なお店だったのになあ・・。

と、とぼとぼと帰路についていると、あれ。
新しいお店ができてる。
酒屋だ。
以前ジーンズメイトがあったところに、新しい酒屋ができている。
入ってみると・・・。

!!!!!
買いたいと思っていたアルゼンチンワインこそなかったものの、赤ワイン、特にフレンチワインの揃えがえらくよろしい。
しかも、安い。
例えばこの「カンポ」。オーエム酒店1280円の品が、なんと980円。(テレビショッピングみたいな表現ですね・・すみません。)
以前ここで絶賛したエノテカ代理店のラランド、サードラベルが3100円。

それにそれに、地ビールの揃えがものすごく良い。多分この近所の酒屋の中では「地を抜いてる」。
「石川酒造・多摩の恵・ピルスナー」置いてるし。(ちなみにミュンヒナーダークもあった。)
もち、買いましたよ。500ml599円。定価ですが、福生まで注文することを思えば。
ワインより高いが、このビールに出会ってしまったからには仕方がない。
どうもこの酒屋(株式会社山田酒販)、石川酒造とは何かコネクションがあるらしく、石川酒造の日本酒「多摩自慢」も、各種シリーズで揃っていた。
さらに、焼酎。
かなり「ちゃんとわかった人」が仕入れていることが伺える品揃え。今、東京ではちょっと「梅酒」がブームらしいのだが、梅酒の揃えもかなり充実している。この内容なら、近隣のおしゃれ系居酒屋は重宝する仕入れ先となるであろう。

捨てる神あれば拾う神あり、ってこういうことだと思う一方で、しかしこれは、お酒の神様が私を貢くんにしようとする新たな戦略なのか?!とも思える。
ワインは確かに安いけど、「質が高いわりに」ってことで、980円より安い品は存在しないし、地ビールだって、例えばシメイは415円で確かに他店より安い(全種類あり、すべて三井食品でした。ちょっと安心。それはともかく。)けど、常飲する訳にはいかない値段の品ばかり。

加えてビール。
とりあえず欲望を抑えるのに苦労したほど、好きなブランドが揃ってる。
こんな近くに、こんなそそられるお店ができるなんて。。。
おまけに、全商品ビール券が使えるのだ。
チーズもコーヒーも(この2種類の食品を切らすことは滅多にない。)あるし、まあまあ安くて揃えが良い。

あぁ・・。

やばい、やばいよー、この店。際限なく貢いでしまいそうだ。
当分こっち方面に散歩するのを控えなくては。お酒とコーヒーとチーズに関しては、理性が効かないんだよね。(その他のことではかなり理性に自信を持ってるんだけど。)

お酒の神様、私を誘惑するなら、誰かお金持ちの貢くんも一緒に遣わしてくれませんか。

ひょっとして、神様に理性が試されているのか・・・。(←信じてないくせに、こういう時だけ原因を押しつけようとする。)

記事が気に入ったらここをクリック!
by fishmind | 2006-05-22 06:39 | お酒の話