ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

卯月の二十日間(13):2011年3月13日(日)

2011年3月13日(日)の20枚
※Web写真展の趣旨説明はこちら。


b0010426_15202040.jpg

2011年3月13日の朝。
憂鬱な気分で目覚め、枯れ果てたブーケを撮影。
本当なら今日は、私の大学院修了+学位授与祝いに、ゼミ生みんなで伊豆旅行に行くはずだった。
しかし当然のことながら旅行はキャンセルとなり、月曜日の学位授与式も中止になったため、ぽっかりと予定が空いてしまった。



何が降っているかわからない屋外に出たくはなかったが、20日まで毎日最低20枚以上は写真を撮らなければならない。それも、20日間の自分の日常を撮ると決めたのだから出かけなければ。
それに家にいても心細いだけだと思い、完全武装して神谷町の研究所に出かけた。
b0010426_15255935.jpg

いつもと何ら変わりがない、日曜日の三軒茶屋の路上。
b0010426_15261063.jpg

心なしか、街が息を潜めている気がした。
b0010426_15262245.jpg

三軒茶屋のシンボルキャロットタワーも、いつも通りそびえてる。
あのビルのトップには、世田谷区防災カメラが設置してある。
b0010426_15263424.jpg

あまりにもいつもと変わらないミスドがあった。
b0010426_15264377.jpg

地下鉄で六本木1丁目駅まで。いつもここから歩くことにしている。
b0010426_15272853.jpg

泉ガーデン。何本ものエスカレーターがいつも通り動いてる。
この時はまだ「節電!」って切羽詰まってなかった。
b0010426_15274336.jpg

泉ガーデンテラスの八重桜。少し開き始めてる。
b0010426_15275271.jpg

私のいでたちはロングコートにマスク、スナフキンみたいなハット。
こんな恰好してる私の方が異常なのではないかと思えた瞬間。
b0010426_1528271.jpg

春の日差しよりも、不吉な影に目が行っている自分がいる。
b0010426_15281670.jpg

燦々とした良い天気なのだが、放射線は目に見えない。
b0010426_15283089.jpg

雲ひとつない青空。静まり返った日曜日の神谷町。
日曜日に人がいないのは非日常ではないんだけど。
b0010426_15284452.jpg

ケーキ屋さんのウィンドウに飾られた、冬の名残り。
b0010426_15285713.jpg

研究所で1日を過ごし、帰路に。エスカレーター、動いてる。
b0010426_1529246.jpg

全体的に暗いので、エスカレーターが妙に明るく感じられた。
b0010426_15293970.jpg

三軒茶屋に到着。いつもより全体的に暗かったけど、街灯はついていた。
b0010426_15302289.jpg

月がきれいな夜だった。町が暗いから、月がきれいに写る。
b0010426_1530353.jpg

いつもより暗いけど営業してる韓国料理店。
b0010426_15305079.jpg

三軒茶屋栄通り商店街。節電で暗いというより、居酒屋が営業を自粛しているから暗いんだと思う。
無用な外出を避けて家にいましょう、とみんな思っているんだね。
これで夜10時半なのだけど、深夜2時くらいの暗さです。

記事が気に入ったらここをクリック!
by fishmind | 2012-03-13 15:19 | 写真表現の話