ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

卯月の二十日間(8):2011年3月8日(火)

2011年3月8日(火)の20枚
※Web写真展の趣旨説明はこちら。


b0010426_154357100.jpg

今日のインタビュー先は仙台。
ものすごいタイミングで訪問したのだが、この日に4日後の地震が予測できたはずもない。
今日の写真記録はもっぱら「はやぶさ」に終始した。



b0010426_15475117.jpg

渋谷駅の緑の窓口で、仙台行きの東北新幹線チケットを購入。
b0010426_15512236.jpg

JRはどこもかしこもはやぶさだらけ。
5日に開通してたった4日で長期不通になるなんて誰も想像してなかったよ。
b0010426_15531412.jpg

東北方面の新幹線を使うときは、たいてい湘南新宿ラインで大宮まで出て乗り換えることにしている。
その方が速いし、安い。この日もそうだった。大宮駅での乗り換え。いつもの風景。
b0010426_15541522.jpg

今まではここから那須塩原行に乗っていたのだけれど、今日はその先まで。
b0010426_15551739.jpg

仙台到着。仙台には以前の職場で調査に来て以来なので、およそ7年ぶり。
地震後には何度も訪れることになるのだけれど、そんなことは予想もしてない。
b0010426_15562943.jpg

駅前のタクシー乗り場。あまりに整然としていたので撮影。
その後の混乱を思うと何とも言えません。
駅の屋上に駐車場があるのだが、地震の時はかなり車が動いたらしい。
b0010426_15581552.jpg

訪問先は今年引退される養護教諭の方。
放課後活動でお茶を教えておられ、雛人形の飾られたお茶室でインタビュー。
季節を感じて1枚。
b0010426_1601813.jpg

インタビューの前にお茶をいただく。
b0010426_1613714.jpg

こんなに優雅なインタビューは後にも先にもこの時限り。
この雛段は数日後にめちゃくちゃになったと思われます。
b0010426_1625998.jpg

駅まで戻ってきました。月がきれい。
b0010426_1635836.jpg

帰路に着く人たちが行きかう駅。
b0010426_1653396.jpg

季節を感じる横断幕だなあ、と1枚。
b0010426_1682256.jpg

ホームで何かを待っている人々。具体的には「はやぶさ」なんですが。
b0010426_1610486.jpg

来ました。関心ないといいながらも、見られればうれしい。
b0010426_1611798.jpg

みんなにわか鉄ちゃん。
b0010426_16113063.jpg

私もその一人。
b0010426_16121989.jpg

発着だけ見ても速さはあまり分からないのですが。
b0010426_16133886.jpg

写真は実物より鼻が長く写りますが、去りつつあるので余計長く写ってます。
b0010426_16143091.jpg

はやぶさの次のこまちに乗って帰ってきました。
渋谷駅のタイルを見ると、帰って来たな、という気になります。

展示用の写真を選びながら、もう少し仙台のスナップを撮っておけばよかったと思いましたが、後の祭りでしたね。翌朝、前触れとなる大きな地震がありました。

記事が気に入ったらここをクリック!
by fishmind | 2012-03-08 14:41 | 写真表現の話