人気ブログランキング |
ブログトップ

魚心あれば水心

uogokoro.exblog.jp

魚心あれば水心あり:魚と水は互いに相手を欠くことのできない密接な間柄であることに例え、相手が好意を持てばこちらもそれに応ずる用意があることにいう(広辞苑)

ブログ引っ越し宣言(その3)

b0010426_21153094.jpg

2006年12月1日(世界AIDSデー)の渋谷駅。レッドリボンをつけたハチ公。





前稿に続く。

記事をかけないでいるうちに、年を越してしまった。まずは新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は、私に限らず日本全国の多くの人にとって絶不調の一年だったと想像する。私の場合は、地震の前にいくつかの収穫があったので、失うばかりの年では決してなかったのだけれど、地震とその後の原発事故問題の対応でメンタルヘルスがかなり悪くなってしまったので、帳尻としてはかなり赤字になっていると思う。

今年は、本当に本当に本当に、今年の年末に「去年より良い年だった」と振り返られる年になってほしい。誰にとってもそうあってほしい。願っていることはそれだけだ。



ともかく今回の災害には本当にへこんだ。数限りない人々が、おそらくとてつもなくへこんでいる中、私だけが特別なわけではないとはいえ、災害報道に接し、また現地に足を運ぶたびに、つまらない雑文など書いて無駄に時間をつぶしている自分が全くダメな人間なのではないかという気がしてくるのである。

のんきに引退などと言っている場合ではない、自分のできることを何かしなければまずいだろう、と自分を奮い立たせてみたものの、できることは限られている。今やっていることを整理して絞り込み、優先順位の高い発信に集中するために、優先順位の低いこのブログの更新を止めることにしたのである。

魚心ブログは楽しんで書き続けることが目的で、それはすでに十分果たした。このブログは2004年の9月に立ち上げているが、頻繁に更新しているのは2005年、2006年のおよそ2年間、特に、私が以前の職場を辞めて(2004年4月)、アメリカ行きが決まる(2006年2月)までの10か月間のみである。私はこの間、自分の専門性やそれまでのキャリアを活かせる仕事が見つからず、アルバイトで日銭を稼ぎながら、深刻な絶望感にさいなまれていた。日々のやりきれなさを断ち切るために、ブログ原稿を書いていたと言ってもいい。
その後はごくたまに更新して、「生きていますよ」というサインを出しているのみ。その状態で5年近くが過ぎたわけだが、ようするに、すでにこのブログは本来の役割を終えていたということなのであった。

ということで、大変勝手ながら、このブログは2012年3月末日をもって閉めさせていただくことにした。

今後の発信は、自分の研究発表と情報発信を兼ねたサイト「TENCAIの研究室」で続けていくので、このブログ作者に関心がある方は、http://www.tencai.orgで私を探してください。

ところでなぜ、2012年に切り替わったところでブログを止めずに3月末まで引っ張るかというと、ブログに載せておきたい写真があるからなのだ。その数、400枚。数が数だけに、1日10枚掲載しても40日かかってしまうので、3月末までかけてぼちぼちとブログに掲載し、その後、更新を止めようと考えている。

この400枚の写真の説明は、次回に続く。


記事が気に入ったらここをクリック!jpg|201201/09/26/|left|562|800#]
by fishmind | 2012-01-09 21:22 | 作者の近況報告